nekonohimomi’s diary

くだらない日常を生きる、それが人生

意味も無くお節介おばちゃん

結婚したいお嬢さんがいる。

これが、あたしが若い時にお世話になった方のお嬢さんで(;^ω^)

 

お世話になった方は、少し意地悪だが面倒見のいいオジサンだったのが

おしゃべりなジーさんになった感じ。

 

結婚したいお嬢さん30代前半で相手が見つからない

ってオバサンは一肌も二肌も脱ぎますよ!

 

紹介する男は27歳の弁護士

こいつは年増好みなのは、こいつのパパからのリサーチ済だ。

「お見合い結婚させるつもりだが、我が息子ながら渋い女が好き」

パパにもOKとって、コロナ下で会ってもらった。

 

27歳から断りの電話。

まーね、親類縁者法曹界でプライド高いっーのは分かってたが

こいつは面食いじゃねーんだ。

 

その後、何度も紹介する度に「お断り」されてるお嬢さんに会った。

結婚したいなら、エスニックなファッション止めろ、

NHKのアナウンサー見本にしろ!

舌っ足らずにしゃべるのアカン

 

自分の事ばっか話すな!

聞くんだ!聞いて聞いて、そして「褒めろ」

尊敬ほど相手に簡単に取り入れる手段はナイよ、

そんで尊敬されたら、

っーか尊敬されてるって分かった瞬間に

「軽蔑されたくない」って普通の人間は思うんだよ。

仕事の愚痴なんか吐かせたら「勝ち」やよ。

 

つー事をレクチャーしたけど

あんな面倒見いい人から、

学歴さえもない派遣社員で、自宅に食費も出さずに居座る

30過ぎの個性的なファッションした「オバサン」って驚きやね。

 

結婚が「勝ち」ならば次回紹介する男性で軌道修正してくると思うが(;^ω^)

「フィーリング」とか「性格の不一致」とか意味ないよ!

 

「ありのままの、あたしを愛して」って童話やから(;^ω^)

そんで、かたい職場で仲のいい家族であればある程

結婚に持ち込んだら、少々手抜きしても捨てられないからね。

 子供作れば、最強ですね。

 

 

次回は頑張れ!

っーか事前にお嬢さんにお会いして、着るものとか会話とかダメ出しして修正したい。

父親は尊敬に値するだけに、何とかしてあげたい。

 

パパ似で普通にブサイクなのに

なぜ尖がったファッションで自分の事ばかり話して、

相手はアンタに一目ぼれしてないちゅーに(;^ω^)

専業主婦希望ならさーもっと「やり方」があるやろ。

 

無条件に愛を与えてくれるのが普通になってしまい

自分の立ち位置をきちんと把握出来て無い人が多すぎ